弁護士に相談を

もし、あなたが交通事故の加害者であるならば、特に弁護士を
代理人にすることをお勧めします。

火花が散る


その費用は安いものではありません、しかし、最終的に得をすることが出来るでしょう。

まず、相手が納得してくれる場合が多い事が挙げられます。
あなたが直接、被害者と対応した場合、その態度や話し方など
小さなことで相手はストレスをためることでしょう。

また、その交通事故が重大なものである場合、相手に恨まれてしまう可能性もあります。
被害者なのですから、冷静な気持ちで接することはほぼ不可能です。

平常心が大事

しかし、弁護士を代理にすることで、その気持ちを少しは減らすことができるでしょう。
さらに、時間に余裕ができる事も大きなメリットです。

弁護士が各種対応を行うことにより、本来その作業に必要だった時間を
別の事に回すことができます。

その時間を、相手のサポートに徹すれば、お互いがいがみ合う事はなくなり、
満足のいく結果を導くことができるのではないでしょうか。