トップページ

平和に解決

交通事故に遭ってしまい相手との示談がなかなか進まないと感じたら
期間をあけずに弁護士に相談することが大切です。

特にむち打ちなど後遺症が残る様な障害になってしまった場合には、
期間が空いてしまうとその原因を立証することが難しくなり、慰謝料を
請求することができなくなる可能性が高くなるからです。

交通事故の慰謝料には保険会社が基準としているものと
弁護士が基準にしている物があります。

落ち着くことが大事

保険会社の基準の方が金額的には安いことが多いのですが、
通常は保険会社との示談交渉で早急に解決するため
保険会社が基準としている物で双方納得することが多いのです。

しかし、後遺症が残ったり相手との示談が上手くいかない場合には
弁護士に相談しその基準で争うことになります。
弁護士に依頼して交通事故の裁判を

この場合には結果として裁判になることが多いのですが、その場合に
期間経過し過ぎていると原因が交通事故と特定することが
難しくなってしまうため、出来るだけ早く相談した方が良いのです。