損害保険

交通事故の被害者は、事故で被った損害を金銭に替えて加害者サイドに
請求する権利が認められています。

これを損害賠償請求と言い、賠償請求できる項目には交通事故に
巻き込まれてしまったことによる入通院の費用や失った給料、
精神的な苦痛に対する慰謝料などが含まれます。

いくら賠償請求するかについては、特に慰謝料など一定の尺度で
測ることができない部分については、難しいため保険や
裁判の判例で定額化のための基準が設定されています。

見失わないように

慰謝料を一番高く計算するのは弁護士の基準です。
これは、裁判の判例を参照して例えば主婦の方でも
賃金表を適用して損害額を計算するためです。

交通事故に備える自動車保険などの損害保険に弁護士特約が
付いていれば、示談交渉を法律事務所にサポートしてもらうための
費用も補填されます。

1点を見据えて

慰謝料以外の部分についても、個人で交渉するよりも専門家である
弁護士に間に入ってもらった方が納得のいく損害賠償請求ができるはずです。