弁護士の選び方

交通事故に遭った際の弁護士の選び方のポイントは、以下のとおりです。

まず、「説明が上手い」。
相手と交渉する中では、いろいろな専門用語が出て来ます。
それらの意味が理解できないと、いつの間にか不利な結果になってしまうこともあります。
ですから、説明が上手な人を選びましょう。

擁護する

次に、「料金体系が分かりやすい」。

賠償額は、高くなると億を超えることもありますが、その場合は費用もそれに応じた物になります。
後から予想外の費用を請求されないよう、料金体系を分かりやすく表示してくれている所を選びましょう。

そして、「交通事故を扱った経験が豊富」。
障害が出た場合、正確に賠償請求するには障害等級の認定を
受けなければなりませんが、それには医学の知識などが必要です。

危険を避ける

また、過失割合が重要なケースだと、自動車工学についての知識が求められたりもします。

こういった知識は即席で身に付く物ではなく、事故処理の経験を積むことでしか得られません。